就活

オファーボックスで落ちた時の3つの対処法【FランでもOK】

オファーボックスで落ちた時の3つの対処法【FランでもOK】

 

悩む大学生
オファーボックスで落ちた理由と対処法が知りたいな。また、OfferBoxでスカウトをもらう工夫とかあるのかな?

 

こんな大学生のお悩みを解決します。

 

 本記事の内容

・オファーボックスで落ちた時の3つの対処法
・オファーボックスで落ちた理由
・オファーボックスでスカウトをもらう工夫

 

今回は、オファーボックスで落ちた時の3つの対処法について解説していきます。

 

なお、この記事を書いている僕は、「OfferBox」に登録して、次の日に2社からスカウトをいただきました。

 

こういった背景の僕がオファーボックスで落ちた時に何をすればいいのか?をご紹介していきます。

 

この記事を読むことで、これからオファーボックスでスカウトをいただき、落ちる確率はグッと下がりますよ。

では、はじめていきますね。

 

※「まだオファーボックスに登録していないよ」という方は、できるだけ早めに登録しておいた方がいいですよ。超人気のサイトですので、ライバルがそれだけ多くなりますので。

>> OfferBoxに無料登録をする

 

オファーボックスで落ちた時の3つの対処法

オファーボックスで落ちた時の3つの対処法

 

結論、落ちた時は以下の3つの対処法が必要。

 

  1. 面接対策をしっかりとする
  2. プロフィールの入力率を上げる
  3. 自己PRやガクチカの内容をアップデートさせる

 

では、順に説明していきますね。

 

その①:面接対策をしっかりとする

 

超あたりまえですが、いくら自己PRやガクチカがしっかりと書かれていても、面接でボロボロの場合、ほぼほぼ落ちます。

なぜなら、多くの企業はESなどの文章で書かれたものよりも、面接などで「あなたの人柄や雰囲気」を重要視しているからですね。

 

 解決策:面接は、数が大切です

「量よりも質」と考えている方がいるかもですが、それは半分正解で半分間違いですよ。

 

というのも、質を上げるためには、量が必要になってくるからですね。

 

要するに、質を上げたいなら、まずは量をこなしましょうよ、ということです。

 

なお、「オファーボックスでそこまでスカウトが来ていない…」という方は、他の逆求人サイトにも登録しておくといいですよ。やはり、オススメは「dodaキャンパス」ですね。

 

dodaキャンパス」は、就活生の5人に1人が登録しているほどの超定番のサイトなので、かなり信頼性がありますね。

>>無料でdodaキャンパスに登録する

※3分ほどでサクッと登録できます。

 

ぶっちゃけ、オファーボックスとdodaキャンパスの二刀流であれば、スカウトは嫌でも来ますよ。なので、あとは面接の数をこなしつつ、質を上げていきましょう。

 

その②:プロフィールの入力率を上げる

 

OfferBoxで落ちたと言っている方の多くが、下記のような状態が多いです。

 

「プロフィール入力をほとんどしない」

 

これじゃあ、企業側も内定を出しませんよ。

理由はシンプルでして、あなたのプロフィールはOfferBox上の履歴書のようなものだから。

 

履歴書の記入をほとんどしない就活生を企業側は、内定を出したいと思いますかね?

 

はい、思いませんよね。

なので、まずは「あなたの志望度」を上げるために、プロフィールの入力率を上げましょう。

 

目安としては、80%以上は入力したいところですね。90%以上あれば、さらにグッドです。

 

その③:自己PRやガクチカの内容をアップデートさせる

 

自己PRやESを1度書いても、常に内容をアップデートさせていきましょう。

なぜなら、他の面接を受けたり、ESを書いたりしたら、内容の質が上がっていくからですね。

 

1ヶ月前に入力した自己PRやガクチカの質が低いと感じることがわりとあります。

 

つまり、それだけ「あなたが成長」しているということですね。

 

近道:他の逆求人サイトにも登録しておく

 

繰り返しですが、オファーボックスだけでスカウトを待ちつつ、面接を受けるだけでは、数に限界があります。落ちた時に、それでゲームオーバーになってしまいますので。

 

そのため、「dodaキャンパス」などの他の逆求人サイトにも登録しておきましょう。

>>dodaキャンパスでオファーをもらう

 

なお、よくある質問として「登録したけれど、オファーが来ない…」があります。そちらに対しての対策法はdodaキャンパスのオファーは来ない?【24時間以内に来ました】で解説しているので、気になる方はどうぞ。

 

オファーボックスで落ちた理由【原因を理解しよう】

オファーボックスで落ちた理由【原因を理解しよう】

 

では、落ちた時の対処法を知ったところで、「どうして、落ちてしまったのか?」という理由もセットで知っておくと今後に活用できますよ。

 

  1. 志望業界と職種がマッチしていない
  2. 志望勤務地が都市ではなく、地方
  3. メールへの返信が適当になっている

 

では、順に説明していきます。

 

理由①:志望業界と職種がマッチしていない

 

志望業界と職種がマッチしていないと、、、「結局、何がやりたいの?」といったイメージを企業側に持たれてしまいます。

具体例としては、下記のとおり。

 

  • 志望業界:メーカー
  • 職種:IT・エンジニア

 

どうでしょうか。ズレていますよね。

こういった感じでして、できるだけ志望業界と職種は、マッチさせるようにしましょう。

 

 解決策:順に考えてみる

結論、以下の2通りのどちらかの方法を使いつつ、順に考えればOKです。

 

①:「志望業界」→「職種」

②:「職種」→「志望業界」 

 

上記の2通りのどちらかを実践すれば、志望業界と職種のズレはなくなります。

 

なお、オススメの方法は、前者の「①」ですね。

というのも、職種から先に決めてしまうと、その業界でやっていることに興味があるのか、その職種だから興味があるのか、がわかりにくいからです。

 

そのため、「志望業界」「職種」といった順で決めてみましょう。

 

理由②:志望勤務地が都市ではなく、地方

 

こちらも大切ですね。

 

やはり、勤務地は都市にした方が、リーチできる企業数も増えるので、スカウト&内定をもらいやすいです。

 

とはいえ、「絶対に都市よりも地方がいい」という方は、スルーでOKです。ESのアップデートや面接対策などを実践しましょう。

 

理由③:メールへの返信が適当になっている

 

超あたりまえですが、、、スカウトのメール返信が適当の場合、99%くらいの確率で落ちますよ。

理由は、企業側からすれば、基本的なメール返信などのビジネスマナーがない就活生を欲しいと思わないから。

 

なお、基本的なメール返信は、下記を意識するといいかもです。

 

  • 結論から先に述べる
  • 相手の質問に対して、答える
  • 誤字脱字や言葉遣いを意識する

 

最低限は、上記の3つを意識しつつ、メールの返信をしましょう。

 

オファーボックスでスカウトをもらう工夫

オファーボックスでスカウトをもらう工夫

 

結論、プロフィール写真を工夫すればOK。

 

人の第一印象は「顔」です

 

オファーボックスにて、企業側から最初に見られるポイントは、「プロフィール写真の顔」です。

実際、オファーボックスで自分のページをチェックしてみてください。

 

おそらく、ドンっと「あなたの顔」が自己PRなどの文章よりも上にあるはず。

 

つまり、それだけプロフィールの写真は、重要な要素だということです。

また、人の第一印象は顔ですよ。なので、プロフィールの写真は『あなたらしいもの』を選びましょう。

 

コツ:他の学生に写真を撮ってもらうべし

 

そして、ここで1つコツをご紹介。

写真は、自分で撮るのではなく、他の学生に撮ってもらいましょう。

 

というのも、他の学生であれば、「あなたらしさ」を知っているからですね。

 

あなたらしい写真を撮ってもらいつつ、オファーボックスにて設定するべしです。

 

大切なこと:就活や選考は「数」が必要です

 

やはり、就活や選考は「数」が大切ですよ。

 

数を打てば当たる、、、という思考はNGですが、経験値を貯めるという意味では重要です。

 

そのため、繰り返しですが、オファーボックスだけでなく、「dodaキャンパス」などの逆求人サイトをフル活用しつつ、就活の経験値を貯めていきましょう。

>> dodaキャンパスで経験値を貯める

※3分ほどで無料登録ができます。

 

オファーボックスに関する疑問に回答【Q&A】

オファーボックスに関する疑問に回答【Q&A】

 

最後に、オファーボックスに関する疑問に回答していきます。

 

疑問①:資格などは、持っていなくても大丈夫?

 

結論、まったく問題なしですよ。

なぜなら、企業側もそこまで資格を重要視していないから。

 

 大切なこと:大学で何をしたかです

やはり、企業側が就活生を見る時に意識しているのは、資格などよりも「大学で何をしたのか?そこから何を学んだのか?」です。

 

そのため、資格を持っていないことに不安を感じずに、大学で何をしたのか?を深掘りしていきましょう。

 

疑問②:Fランの大学でも、落ちたりしないの?

 

こちらは、断言をすることはできませんね。

というのも、企業によっては、学歴を重要視しているところもあるからです。

 

とはいえ、Fランの大学に通っていても、必ず「あなたが学んだこと」はあるはず。

 

その学んだことを言葉に変えつつ、自己PRなどに記入すれば、しっかりと見てくれる方はいますよ。落ちた時は学歴のせいにしがちですが、他に改善できるところを精一杯やりましょう。

 

まとめ:オファーボックスで落ちた時は、改善すればOK

まとめ:オファーボックスで落ちた時は、改善すればOK

 

今回は、オファーボックスで落ちた時の3つの対処法を解説しました。

 

 落ちた時の対処法

  1. 面接対策をしっかりとする
  2. プロフィールの入力率を上げる
  3. 自己PRやガクチカの内容をアップデートさせる

 

こちらのとおり。オファーボックスで落ちた時は、面接対策をガッツリとやるのがオススメですよ。

やっぱり、最後に重要になってくるのは、人と人とのコミュニケーションである「面接」ですからね。

 

また、面接やグループディスカッションの対策イベントなどは「dodaキャンパス」で定期的に開催されています。気になる方は、のぞいてみてくださいませ。

>> dodaキャンパスのイベントを見る

 

人気記事逆求人サイトの評判とは?【おすすめアプリ3選をご紹介】

-就活